お知らせ

ドームうまいもんワールド  出展のご案内
日本最大級のフードイベント
全国から集まった美食グルメを味わいつくす4日間

<タイトル>
ドームうまいもんワールド

<日程>
2013年4月4日(木)~7日(日) 4日間

<開催時間>
4日・7日/10:00~18:00
5日・6日/10:00~20:00

<動員目標>
150,000人

<会場>
ナゴヤドーム

<お問合せ>
名古屋三越栄店 外商部法人担当内 「ドームうまいもんワールド」出展事務局
〒460-8669 名古屋市中区栄3-5-1
TEL: 052-252-3854   FAX:052-252-3098
E-mail: event@nagoya-mitsukoshi.co.jp

詳細、申込用紙はこちらから
1209_ドームうまいもんワールド(案内チラシ).pdf

1209_ドームうまいもんワールド(申込書).pdf

中小機構では地域資源を活用した商品の魅力発信や商品力を高める“ものづくり”を支援するため、メーカーとバイヤーをWEBサイト上で情報交流する事業(名称:Rin crossing)を別添のとおり開始いたしました。
メーカーの商品情報を登録し、バイヤーが閲覧することで商品情報を発信するとともに、テーマ・カテゴリー別の商談会も開催し、出会い場を提供するものです。
現在、事業者及び商品情報を募集しております。
なお、10月以降に第2期募集を予定しております。
また、詳しいお問合せにつきましては、下記にご連絡ください。

◇問い合わせ先
Rin crossing事務局
住所 〒107-6322 東京都港区赤坂5-3-1 赤坂Bizタワー(株)博報堂内
電話 03-6441-4194
FAX 03-6441-4902
Email rincrossing@smrj.go.jp
特設サイト http://www.smrj.go.jp/venture/event/070070.html

中小機構・新プラットフォーム事業チラシ.pdf

中小機構・新プラットフォーム事業参加メーカー応募要綱.pdf

中小機構・新プラットフォーム事業応募様式.xls

沖縄プレミアムアカデミーとは?

沖縄県産品を使った加工品の魅力をより高めるため、
コーディネーター及び外部専門家による商品開発人材の育成支援を行なうプログラムです。

受講料:無料

詳細は下記からご確認下さい。

http://pr.gnavi.co.jp/promo/oki-pre/

ものづくりのエキスパートによるわくわく産業セミナー
農林漁業者と商工業が手を取り合って
新商品開発・地域おこしに取組もう!

講師:伊波 貢((株)海邦総研取締役経営企画部長)

日時:平成24年9月21日(金) 午後2時~5時

場所:与那原町商工会館 2階研修室

お申込と詳細はこちら
240921わくわく産業セミナー.pdf
 

「中小企業の事業承継は7割が失敗している」 と言われています。
「事業継承はどの会社にとっても避けては通れない問題」 であり、 「現経営者の最後の大仕事」 と言えるでしょう。
このセミナーを機会に、 「事業継承」 について考えてみませんか?

日時:平成24年9月7日(金) 14:00~17:00

場所:具志頭中学校セミナーハウス(八重瀬町商工会の隣の建物です)

連絡先: TEL / 998-4334  FAX / 998-6743

内容&講師紹介:

  1. 事業承継に係る税金対策・・・税理士 玉那覇 章(玉那覇税務会計事務所) 14:00~15:00
  2. 承継問題における会社法活用・・・司法書士 渡久地 慎也(やえせ司法書士事務所) 15:15~16:15
  3. 個別相談会 16:30~17:00(事前にお申込み下さい)

お申込と詳細はこちら
240907事業承継ワンストップセミナー.pdf

 専門家より事業所にとって有利な助成金や給付金、労務管理についての提案や制度の説明を行ないます。(最近は、設備投資費用の一部の助成を受け、従業員の賃金の底上げを行なう業務改善助成金を活用している事業所が多い)
 また、セミナー終了後、助成金、給付金、労務管理について個別相談会を開催いたします。

日時 : 平成24年9月14日(金)

  1. セミナー 午後2時から午後3時30分
  2. 個別相談 午後3時30分から午後4時

会場 : 南城市商工会 2F研修室

講師 : おおすえ社会保険労務士事務所
     社会保険労務士 大末 裕美 氏

受講料:無料

お申込と詳細はこちら
240914知って得する!助成金&労務管理セミナー.pdf

やろーよ献血 ハートに近い贈り物

記念品を献血をしてくださった方へ
多良川ミニチュアボトルなどの記念品の提供や
いこい整骨院の無料マッサージサービスを行ないます。

他にも記念品を提供できる事業所がございましたら事務局(Tel:947-1283)までご連絡下さい。

240911献血.jpg

 

地域振興支援資金造成ゴルフ大会
参加並びに協賛(寄附等)依頼について
(お願い)

 謹啓 皆様には益々ご清栄のこととお喜び申し上げます。 平素は本会の事業活動にご理解、ご協力を賜り衷心より感謝申し上げます。
 本会では、南城市の後援のもと「地域振興支援資金造成ゴルフ大会」を開催します。
当大会は、今年で第2回目の南城市まつり、並びに尚巴志ハーフマラソン大会等の地域振興を目的としたイベント事業等が開催されることに伴い、その事業資金の支援を行なうための資金造成を目的としたゴルフ大会を別紙(趣意書・開催要綱)により開催することになりました。
 つきましては、本趣旨にご理解を下さり、出費多端の折、誠に恐縮に存じますが、貴社(殿)のゴルフ大会へのご協賛(寄付・物品寄贈)のお願いと、多くのゴルフ愛好家のご参加を宜しくお願い申し上げます。

敬白

※ 誠に勝手ですが、協賛金のお振込みの際は、下記口座をご利用下さいますよう重ねてお願い申し上げます。

  • 琉球銀行 佐敷支店 普通預金No 293061
    口座名義 南城市商工会 会長 潮平 隆(シオヒラ タカシ)
  • JAバンク 佐敷支店 普通預金No 0014976
    口座名義 南城市商工会

※ 当日、表彰式にはビール・お酒を準備します。お車はご遠慮下さい。

 

趣意書

 謹啓 時下益々ご清栄のこととお喜び申し上げますとともに、平素から商工会活動に対しご理解とご協力を賜り深く感謝申し上げます。
 さて、南城市商工会が平成19年4月1日に誕生して満5周年を迎え、指導環境も充実し、地域の総合的経済指導団体としての役割は益々高くなってまいりました。
そのような中にあって、今年で第2回目の南城市まつり、並びに尚巴志ハーフマラソン等の地域振興を目的としたイベント事業等が盛会に挙行されるよう支援するとともに、社会一般の福祉の向上に資するため、「地域振興支援資金造成ゴルフ大会」を開催することになりました。
 つきましては、南城市の活性化に繋がる「地域振興支援資金造成ゴルフ大会」へ皆様方の格段のご支援、ご協力を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。
 

 

    開催要綱

1.目的 ゴルフ大会を通して親睦と健康増進をはかり、本市の活性化に繋がる地域振興事業を支援する資金の造成をはかり、地域振興及び社会一般の福祉の増進に一役を担う。
2.主催 南城市商工会
3.後援 南城市・南城市議会
3.協賛 企業多社
4.日時 平成24年10月4日(木)午前7時00分スタート
5.場所 琉球ゴルフ倶楽部
6.競技方法 ダブルペリア方式
7.参加料 3,000円 グリーンフィー(ビジター10,000円)、その他諸経費は自己負担。
8.表彰・賞品 各賞豪華賞品を準備しております。
9.表彰・懇親会 当日午後7時00分より、琉球ゴルフ倶楽部レストランにて行う。
※ビール・お酒等を準備しています、お車はご遠慮下さい。
10.協賛企業名 本大会の協賛企業名はすべて表彰式会場へ掲示する。
11.問合せ先 南城市商工会     (098)947-1283
予約は、  琉球ゴルフ倶楽部 (098)948-2464

 

企業向け無料講座のお知らせ!

9月12日より皆様お待ちかねの「企業向け無料講座」がいよいよスタート!

 今回の講座は大きく2コースに分かれております。

 売上&組織力の向上、人材の育成で会社に大きな変革をもたらす

1.経営革新セミナー (9種)

新事業開拓の足掛かりを得る目からうろこの

2.ビジネスヒント獲得セミナー (8種)

受講はひとつでも、複数でも受講可能!さらに受講料は無料です。

 詳細こちら       申込書ダウンロードこちら

http://nanjo-job.jp/index.php?id=59#685

<お問合せ先>
南城市地域雇用創造推進協議会
098-852-6505

 

日時:8月29日(水)14時
会場:ユインチホテル南城 2F守礼の間
問合せ先:南城市地域雇用創造推進協議会(南城市役所 産業振興課内)
        TEL:098-852-6505 FAX:098-948-3167
        http://nanjo-job.jp/index.php?id=50

経営向上塾_9月名護(表)0001.jpg

  1. 日時 : 平成24年9月 28日(金) - 平成24年12月 7日(金)全6回
           (日程、カリキュラム詳細は別紙参照)
  2. 主催 : 沖縄県商工会連合会
  3. 場所 : 北部生涯学習推進センター
  4. 参加費用  : 無料
  5. 定員 : 30名程度
  6. 対象  : インターネットを活用して商品、サービスを販売している事業者
  7. 申込方法 : 沖縄県商工会連合会ホームページ(http://www.oki-shokoren.or.jp/
            又は、申込書に記載頂きFAX(098-859-6149)にて申込下さい。
  8. 問合せ先 : 沖縄県商工会連合会 電話 098-859-6150  FAX 098-859-6149
              (担当:藤岡、金城)

経営向上塾_9月名護(チラシ、申込書).pdf

 

「第1回 南城市大縄跳び選手権大会」in南城市まつり
実施要綱
期日 平成24年10月14日(日) 午後1時開始
場所 グスクロード公園(南城市まつりメイン会場特設ステージ)
主催 南城市大縄跳び選手権大会実行委員会(南城市商工会青年部)
共催 南城市まつり実行委員会
特別協賛  
目的 地域教育・社会教育の一環として、青少年健全育成を目指し児童・生徒にスポーツの楽しさを体感してもらい、協力や団体の大切さを学び、体力の向上を図ると同時に、他団体との交流を目的として開催する。
競技ルール 1. チーム種別及び構成
  ・ 市内各種10団体。(定数に達し次第締め切る)
  ・ 跳ぶ役無制限(児童・生徒男女混合可)、まわし役2名(保護者)。

2. 使用器具
  ・ 大縄の長さは10mで大会事務局が準備するものを使用。
  ・ 大会で使用する大縄を大会当日まで、大会事務局より貸出いたします。 
    (参加申込後に限る)

3. 服装
  ・ 団体の大切さを学ぶ一環なので統一の服装での参加をお願いします。
  (各種団体ユニフォームもしくは体育着が望ましい。)
  ・ 必ず靴を履かせて競技に参加させて下さい。

4. 競技の進め方
  1)  跳び役は会場近くに整列し、大縄が止まった状態で審判の合図で競技を始める。
     (整列場所は指定します)
  2)  競技時間は2分間で、大縄を跳んだ人数で競う。
  3)  競技時間内に中断した場合でも、競技を再開することができる。
    しかし、競技時間はストップしない。
  4)  競技は、各団体1回とする。
  5)  まわし役は、必ず保護者が行い途中交代は自由とする。

参加料 無料(傷害保険は、大会実行委員会にて加入)
申込期日 平成24年8月31日(定数10団体に達し次第受付を終了します)
申込方法 別紙の参加申込用紙にて大会事務局へ申し込み下さい。
監督会議 平成24年9月初旬と10月初旬の2回を予定。
表彰 優勝チームに賞状及び商品を授与。
その他 今大会参加児童全員に参加賞を授与。
大会事務局 南城市商工会事務局 宮城康行(947-1283)
南城市商工会青年部 運天貴也(090-7150-4984)

第1回南城市大縄跳び選手権児童登録書.xls

集客ツールとして、情報収集ツールとして、
社内コミュニケーションツールとして
あなたのビジネスでFacebookを活用しよう!

■ こんな方に受けて欲しい

・まだやっていないが興味はある
・Facebookに登録はしたが、うまく使えない、利用の仕方が分からない
・ビジネスでどう活用していったらいいのか分からない

■ 受講したらこうなります

・Facebookの基本的な操作ができるようになる。
・自社のFacebookページを立ち上げて、会社の情報を発信できるようになる。
・ビジネス的なFacebookの運用方法を理解し、集客を考えた運用ができるようになる。

■ 日時 : 平成24年8月15日(水)午後6時から午後9時 (3時間)

■ 会場 : 南城市商工会 2階研修室

■ 受講対象者 : 南城市内の商工業者と従業員の方

・インターネットでの集客を考えている事業所
・コンピュータの基本的な扱いができる方
 (コピーやペースト、マウスの基本操作や、インターネット閲覧など)

■ 定員 : 25名(定員に達し次第締め切らせて頂きます)

■ 講師 : 沖縄県商工会連合会 支援課 山川朝教

■ 費用 : 無料

■ 申込方法 : 裏面の申込書に記入の上、FAXでお申し込み下さい。

■ お問い合せ : TEL 098-947-1283  FAX 098-947-6559 (南城市商工会 担当 新垣)

H240815_facebook入門セミナー(詳細、申込書).pdf

経営向上塾_10月南風原(チラシ表)0001.jpg

  1. 日時 : 平成24年10月 3日(水) から 平成24年10月 25日(木)全7回
            (日程、カリキュラム詳細は別紙参照)
  2. 主催 : 沖縄県商工会連合会
  3. 場所 : 南風原町立中央公民館
  4. 参加費用 : 無料
  5. 定員 : 30名程度
  6. 対象 : 沖縄県内で店舗を営む事業者、又は店舗開業を目指す創業者
  7. 申込方法 : 沖縄県商工会連合会ホームページ(http://www.oki-shokoren.or.jp/)又は、
            申込書に記載頂きFAX(098-859-6149)にて申込下さい。
            問合せ先 : 沖縄県商工会連合会
            電話 098-859-6150  FAX 098-859-6149
            担当:藤岡、金城(直)

経営向上塾_10月南風原(チラシ、申込用紙).pdf

「文書作成が習得できる講習会を開催してほしい!」というご要望を受けまして、
今回のパソコン講習会は、実際に文章を作成しながら、Word&Excelの使い方を学んで頂き、
さらに、アシスタントと商工会職員が個別にサポートしながら、(ご用意頂いた)ご自身で
作成したい案内文やメニュー表などを、一緒に作成していきます!

開催地:南城市商工会 2階研修室

【Word2010 基礎演習講座】
日時:平成24年8月15日(水) 午後1時 - 午後5時

【Excel2010 基礎演習講座】
日時:平成24年8月16日(木) 午後1時 - 午後5時

詳細はこちら
H240815-16パソコン講習会.pdf

障害者の雇用の促進等に関する法律施行令等の改正が行なわれました。
今後とも障害者の雇用の促進にご協力いただきますように宜しくお願い申し上げます。

<主な改正点>

  1. 障害者雇用率を現行1.8%から2.0%とすること。
  2. 障害者の雇用状況の報告義務の対象となる民間企業の範囲を、
    その雇用する労働者の数が56人以上から50人以上の民間企業とすること。

障害者の法定雇用率引上げ240806.jpg

情報セキュリティ対策
中小企業向け指導者育成セミナー
グループ討議を中心とした実践型研修!

中小企業の経営者等に対して、情報セキュリティのアドバイスが適切に行える指導者を育成するため、全国で指導者育成セミナーを開催いたします。情報セキュリティ知識と指導力向上により、中小企業の情報セキュリティ対策強化にお役立ていただくために、ぜひご参加ください。

日時:平成24年10月2日(火)9:30 - 17:00
場所:沖縄産業支援センター

<申込方法>

?添付のチラシによりFAXにてお申し込み
2012中小セミナーチラシ_0717版.pdf

?下記URLからもお申込み可能です
http://www.jnsa.org/ikusei/seminar/

 

 

☆戦略的製品開発支援事業のご案内☆
産学官連携、産産連携による新製品開発を応援します!!
(1年あたり20百万円以上から75百万円以下)

1 事業内容

県内企業を中心とした製品開発共同体(産学官連携、産産連携)が、お互いの有する技術、研究シーズを使用し、県外・海外マーケットを見据え、本県の地域資源や特性を活用した高付加価値な製品開発を推進するため、案件の公募を実施します。

2 公募期間  平成24年7月20日(金) から 平成24年8月7日(火)

3 対象者

  • 県内企業を中心とし、大学や公設試験等(県外含む)からなる製品開発共同体
  • 県内企業を中心とし、県内外企業等からなる製品開発共同体

4 対象要件

  1. 主に県外海外をターゲットにした新製品、又は移輸入品の代替となる新製品の開発であること。
  2. 本県の地理的優位性や地域資源等の特性を活用した新製品(原材料などの中間材を含む)の開発であること。
  3. 製品開発の主要な工程を県内で実施すること。
  4. 事業終了後、製品開発成果を活用した事業展開を県内で実施すること。
  5. 事業化により本県の経済振興及び雇用の創出が期待できること。

<製品開発分野の例>
機械器具分野、金属・プラスチック製品分野、環境・リサイクル分野、エネルギー分野、食品・化学分野、その他ものづくりに関わるもの。

5 対象経費

製品開発に必要な労務費、機械装置借用・保守・改造修理費、消耗品費、調査費、外注費及び知的財産権関連経費
 ※機械装置の購入については、企業負担の範囲内で認める
 ※製品の量産、販売促進、広告宣伝等にかかる経費は対象外

6 製品開発期間と製品開発規模 

  1. 製品開発期間 原則1年間(最長2年間)
     ※2年間の場合は1年目終盤に継続可否の審査を行う。
  2. 製品開発委託費 1年あたり20百万円以上から75百万円以内
     ※共同体が製品開発費総額の1/4を負担するマッチングファンド形式。
     ※総額1億円のプロジェクトを実施する場合、25百万円の事業者負担が発生します。


7 応募申込み・問い合わせ

(公財)沖縄県産業振興公社 産業振興部 戦略的製品開発プロジェクトチーム
電話 098-859-6239
E-mail:senryaku@okinawa-ric.or.jp 担当:小河、中久喜、仲里

※詳しくは沖縄県産業振興公社HPをご覧ください。
http://okinawa-ric.jp

/戦略的製品開発支援事業公募要領.pdf
チラシ[戦略的製品開発支援事業].pdf

地域力宣言とは?

地域で出来た良い商品だけど、まだ東京などの首都圏には知られていない。
そんな地域の良い商品を応援するため「地域の魅力キャンペーン」と称して、首都圏の百貨店やテレビ局のイベント会場などで物産展を開催する事業です。

1.募集するコーナー
(1)ニッポン全国物産展
地域の特産品(食品、非食品)及び、農商工連携等を通じて開発された商品

(2)ニッポン全国ご当地おやつランキング
和菓子や洋菓子、おやきなどの「おやつ」に該当する商品を実演販売する事業者を募集

(3)ニッポン全国“匠”横丁
材料や製法について、ゆっくり説明することが望ましい非食品を募集

2.提出期限
(1)ニッポン全国物産展          8月17日(金)17時必着
(2)ニッポン全国ご当地おやつランキング  8月6日(月)17時必着
(3)ニッポン全国“匠”横丁        8月6日(月)17時必着

3.提出書類
(1)ニッポン全国物産展         ⇒1211_全国物産展_01申込書(沖縄県版).xlsx
(2)ニッポン全国ご当地おやつランキング ⇒1211_全国物産展_02おやつランキング申込書.xlsx
(3)ニッポン全国“匠”横丁       ⇒1211_全国物産展_03全国匠横丁申込書.xlsx

申込をする事業所は、事前に商工会までご連絡してくださいますように宜しくお願い致します。
 南城市商工会 連絡先:947-1283

地域力宣言2012 ホームページ
 http://www.local-power.jp/

観光振興セミナー2012

■那覇会場:2012年9月7日(金)
       ホテル日航那覇グランドキャッスル 2階首里の間

■お申し込み締め切り:8/31(金)

■開催時間: 13:00-17:00 (受付・開場12:30)

※受付にて名刺のご準備をお願い致します。

■参加費:無料

■プログラム 

13:00 - 13:10

開催のご挨拶

13:10 - 13:15

沖縄県庁様からのご挨拶

13:15 - 14:00

「じゃらん宿泊旅行調査2012?リピーター追跡調査」について 研究員 横山 幸代

2012年4月に実施した調査から、震災後の最新動向をお伝えいたします(ご出席の皆様に限り、速報として各県別の調査結果をお持ち帰り頂けます)。加えて、初回訪問者のリピート率と再来訪要因分析調査からリピーター獲得のヒントを探ります。

14:00 - 14:30

リピーター増・着地型旅行商品流通のための「着地」での情報発信 研究員 加藤 史子

「旅行検討・実施プロセスと情報接触の調査」により、地域の満足度を上げ、リピーターを増やすために、どのような取組や情報発信が有効かについて、お話しさせていただきます。地域の魅力発信・着地型観光商品の流通にお役立ていただければ幸いです。

14:30 - 15:00

「じゃらん流・地域活性化フレーム」研究と「地域力診断」について 研究員 三田 愛

地域が観光で継続的に成長し続けるために、元気な地域の構成要素と繋がりを「知的資本経営」の考え方で構造化した『地域活性化フレーム』と、自地域の実態(強みと課題)が可視化できる『地域力診断』について、研究・実証実験結果をご説明させていただきます。

15:00 - 15:10

・・休憩・・・

15:10 - 15:25

沖縄県の現状、今後の施策について 株式会社リクルート沖縄じゃらん 代表取締役社長 山田 英樹

沖縄県への入込状況や沖縄じゃらんの集客施策、新たな集客手法についてお話しさせていただきます。

15:25 - 15:55

現在進行形!うるま市が取り組む「もずく」を使った<新・ご当地グルメ>開発

エグゼクティブプロデューサー ヒロ 中田(中田博人)

地場産の食材にこだわった<新・OMOTENASHIご当地グルメ>開発に取り組む、うるま市の事例を紹介します。「郷土料理」「ソウルフード」「伝統料理」とは異なる<新・OMOTENASHIご当地グルメ>開発は、「地域の食」の魅力創造の一手法です。

15:55 - 16:25

インバウンド消費の受け皿となる地域づくり「訪日外国人旅行者受入環境整備事業」について 研究員 横山 幸代

昨年度北海道3市で実施した3事業についてご報告いたします。旅行者の満足度を高める”街ぐるみ”のおもてなしを実現する、地域が自立的に受入整備を継続できる「インバウンド消費の受け皿」となる地域づくりのヒントとなれば幸いです。

16:25 - 16:55

ビッグデータ分析による沖縄来訪の個人旅行者の周遊実態について 研究員 加藤 史子

じゃらんnetの宿泊予約データと、携帯電話のGPS情報による位置情報分析を組み合わせ、沖縄を2泊以上で旅行する個人旅行者の周遊状況をはじめ、各種データの分析結果についてお話しさせていただきます。

16:55 - 17:15

今後のじゃらんリサーチセンターの活動について センター長 沢登 次彦

じゃらんリサーチセンターは、観光振興に携わる行政機関の皆様・関連事業者の皆様の立場に立って、観光を産業として発展させていくための道筋を探求していきます。来期の研究テーマとエリアプロデュース業務についてご説明させていただきます。

【詳細・申込】観光振興セミナー.pdf